女の子の産み分け

女の子の赤ちゃんが欲しいです。産み分ける方法はありますか?

女の子を産み分けるための基本

女の子の赤ちゃんを産む確率を上げる方法は、以下のように言われています。

  1. 排卵日を特定します。排卵日の2日から3日前にタイミングを取ると、女の子が生まれる確率が上がります。
  2. 精子はあまり溜めこまず、薄めておいた方が女の子の生まれる確率は上がります。
  3. 膣内のPHに気を付けます。女の子が欲しければ、膣内は酸性寄りに保つのがポイントです。

これは、『女の子を作るX染色体を持つ精子が受精しやすくなるにはどうしたら良いか?』を考えたらこのようになる、というものです。

X染色体を持つ精子は比較的寿命が長くスタミナがあり、排卵の2日程前でも生きて卵子に辿り着くことができる可能性が高いのです。

その間、同時に放出された男の子を作るY染色体を持つ精子は脱落してしまうので、排卵日の2日程前が女の子を産むにはベスト。

精子の質や染色体の比率は自分では調べるのは難しいですが、いわゆる「溜まった状態」ですとY精子のチャンスが増えてしまうので、ある程度薄めておいた方が良いと言われています。

また、Y精子が酸性の環境では生きられないのに比べ、X精子は比較的元気に泳ぐことができると言われています。

では、女の子を産む確率を上げる方法を行うために、もっと具体的にどのようなことをすれば良いのでしょうか?

興奮度と膣内の環境をコントロール

女の子が欲しければ、セックスはできるだけ淡泊に、そそくさと終わらせるのが良いとされています。

女性が興奮し膣分泌液が増える(いわゆる濡れた状態です)と、膣内のPHはどんどんアルカリ性の方向に中和されていきます。

子宮頸管液には精子を包みこみ、卵子のもとまで泳ぎやすくする役割があり、痛みを失くすという意味でも重要なのですが、何より受精するために必要な生理反応なのです。

膣内を酸性に保つというのは、X精子に有利な環境を作るというよりは、どちらかと言うと酸性に弱いY精子を不利な状態のままにしておくということになります。

酸性状態というのは外敵から子宮を守るための仕組みですから、基本的に中性からアルカリ性寄りに膣内の環境が変化するのは、精子を受け入れるための仕組みでもあります。

しかし、比較的酸性にも強いX精子を応援するのであれば、できるだけ興奮しないようにというのがコツの1つになります。

『興奮しないようにするのも難しいし何よりセックスが楽しくない、それに膣内の環境なんて分からない』という方は、膣内のPHを調整するゼリーを使う方も多いですし、PH試験紙で分泌液を取り膣内の検査をしながら行為に及ぶ方もいます。

排卵日はどうやって調べるの?

排卵日を調べるには排卵検査薬を使うのが一般的な方法です。

海外製の安価な検査薬でしたらこまめに検査を行い、かなり細かく排卵前に上昇する黄体形成ホルモンを察知できますから、慣れれば高確率で排卵日を予測することができるかもしれません。

しかし、産み分けを確実に行いたいというのであれば、特に女の子が欲しいというのであれば、排卵の2日前もしくは3日前を確実に狙わなければなりません。

排卵検査薬は排卵の24時間から36時間前を察知するというものですから、2日前、ましてや3日前なんて知るのはとても難しいことです。

感度の高い製品であれば「2日前が分かる」と謳っているものもありますが、あくまでホルモン量を察知しているにすぎませんから、個人差があり、全面的に信頼するのは難しいです。

そこで女の子が欲しいのであれば絶対にオススメなのが、【クリアブルーという排卵検査器】です。

なかなか高価なものなのですが、最大で5日前から排卵を予測できる優れものですから、女の子を狙う方にとっては産み分けの確率を上げる奥の手となのです。

クリアブルー排卵検査器ってどんな機械?

クリアブルー排卵検査器は簡易な排卵検査薬とは違い、排卵日特定の正確さと察知の早さが違います。

なぜそのようなことができるのかと言うと、クリアブルーは黄体ホルモンに加えて黄体ホルモンに先立って上昇をはじめるエストロゲンの値を察知し、この2つのホルモンを追い計算することで、排卵日の測定をするので正確で早いのです。

加えて、デジタル表記で結果が出ますから、妊娠の確率が高い日には「high」・「peak」と判断に迷わないように教えてくれます。

ちなみに、女の子が欲しければ「high」のタイミングのときを狙いましょう。妊娠の確率は十分に高いけれど、排卵まではもう少し先だよという意味です。

ハイテクなので少々高価なのが気になるのですが、排卵日さえしっかりと特定できれば、排卵検査薬は必要ありませんし、ゼリーもあえて使う必要はありません。

確率を上げて後悔しない産み分け法を

理屈上、クリアブルー排卵検査器だけでも十分に男女の産み分けは可能ですが、心配であればできることは全てやることをおすすめします。

ゼリーを使ったり精液検査をして濃度の研究をしたり、体位だとか食事だとかの情報も取り入れて、後悔しないようにすることが大事なのではないでしょうか?

ただ、運の要素が強い産み分けに投資できるお金は限られているはずです。

それならば、少々高価ではあるのですが、もっとも確実な産み分け法に使えるクリアブルー排卵検査器に絞ってみるのも1つの方法ではないでしょうか?

コンテンツ
HOMEへ戻る