女の子の産み分けの失敗

女の子の赤ちゃんが欲しいです。産み分ける方法はありますか?

女の子の産み分けを失敗しないための事前準備

赤ちゃんを授かれるだけでそれはとても嬉しいことですが、産み分けできたら尚嬉しいという方も少なくないですし、実際に男女の産み分けにチャレンジしている、チャレンジしたという方も非常に多いものです。

男女の産み分けにはちょっとしたコツがあり、いくつかの条件を満たすことで産み分けに成功する確率を上げることは可能になります。しかし、その確率というのは100%ではありませんから、もしも産み分けに失敗したとしても、親としてきちんと責任を持って育てられる、愛情をきちんと注げるという、その覚悟がない方は産み分けにはチャレンジしない方が良さそうです。

男女の産み分けに必要な基本的な知識としては、男女の性別を決定するのは精子の持つ染色体であり、受精に成功した精子が持つ性別決定の染色体がXXであれば女の子、XYであれば男の子が生まれるということです。

このXXとXY染色体を持つ精子にはそれぞれ特徴があり、XXを持つ精子は酸性に強いけれど速度が遅いという特徴がありますし、XYを持つ精子には酸性に強くないけれど速度が速いという特徴があります。

また、女性の子宮内というのは通常、細菌や雑菌が繁殖しないように強い酸性の状態に保たれていますが、オルガズムに達するとその酸性がアルカリ性に傾くという特徴があります。この特徴を知っていると、男女の産み分けに必要なコツや条件というのがなんとなくわかってくるのではないでしょうか。

男の子と女の子、どちらの産み分けが難しいかというと、それは女の子です。専門医のしっかりとした指導と計画で産み分けにチャレンジしても男の子は90%程度、女の子は80%の成功率というデータがあるように、女の子の産み分けというのは失敗する確率も高いと言われてます。

女の子を望む方が女の子の産み分けに失敗しないためには、排卵日をしっかりと予測し、排卵検査薬を使って確実といえるくらいに排卵日を特定し、その2日前には性交渉を持つようにすることがポイントです。

これは精子の特徴を思い出すと納得がいくかと思いますが、実際に排卵が起こるまでに可能な限りXY染色体を持つ精子を減らしておき、XX染色体を持つ精子が受精に成功する確率をあげるためです。

また、女性がオルガズムに達しない状態で男性が射精するということもポイントになってきます。これは精子の特徴と同様にさきほど書いた子宮内の特徴を踏まえると納得できるかと思います。

この2点に注意すると女の子の産み分けに確率というのは高くなりますし、産み分けに失敗しないで済みます。ただし、先ほども書いた通り、確率は100%ではありませんし、女の子の産み分けにチャレンジしている方の場合、妊娠に成功する確率というのが下がってしまうということを覚えておきましょう。

コンテンツ
HOMEへ戻る