男の子と女の子の産み分け成功率

女の子の赤ちゃんが欲しいです。産み分ける方法はありますか?

女の子の産み分けの成功率は男の子よりも低い

第一子の場合に限らず第二子、第三子で産み分けにチャレンジしようとされている方はたくさんいますが、特に第二子以降の子どもで産み分けにチャレンジするという方は多いようです。これは男女どちらも欲しいと思っている方が多い証ともいえるかもしれません。

産み分けに関する情報というのはインターネット上にもたくさん溢れていますから、インターネット上で情報をゲットすることもできますし、妊娠や出産、育児に関する雑誌や専門誌などでも情報をゲットすることはできます。

産み分けに関しては基本的な知識といくつかの満たすべき条件をクリアすれば、自力で産み分けを行うこともできるものです。しかし、少しでも産み分けの成功率を高めようと思ったら、クリニックに相談し、専門医に指導してもらうのが安心かもしれません。

特に女の子の産み分けにチャレンジしようとしている方は、自力でチャレンジするよりもクリニックで指導を受ける方が、成功率が高くなりますから、クリニックで相談・指導を受けるのがいいかもしれません。

自力で産み分けにチャレンジした方々の成功率というのは、調べる方法がないため、データとしてはっきりとは分かっていませんが、クリニックによる成功率というのはデータとして割合はっきりとした数値が公表されています。

ただし、病院ごとによって微妙に成功率というのは異なりますし、病院や医師の考え方によっては産み分けの指導や相談に乗らないという方針を持っているところもありますので、公表されているデータというのは、全てのクリニックの数値という訳ではありません。

専門医が科学的なものに基づいて行った産み分けの成功率というのは、男の子で80~90%、女の子で70~80%と言われており、この数値だけを見ても男の子よりも女の子を産み分ける方が難しいということが分かるかと思います。

そして、どんなに科学的、医学的な努力をしたとしても、産み分けの成功率が100%となることはないと言われてますから、産み分けにチャレンジする場合、万が一失敗したとしても、生まれてきた子を責任と愛情を持って育てていけるという覚悟と気持ちのない方は、産み分けにはチャレンジしない方が良さそうです。

また、自力で産み分けにチャレンジするつもりでいる方で、特に女の子の産み分けにチャレンジする場合は、妊娠する確率自体が低下するということも踏まえて、しっかりとした計画と準備をしてから行うようにする必要があると言えます。

今挙げたようなことを総合的に考えていくと、妊娠自体の確率を下げないためにも、産み分けに成功するためにも、クリニックで指導を受けて産み分けにチャレンジした方が安心と言えるかと思います。

コンテンツ
HOMEへ戻る