女の子を出産するためにの食事

女の子の赤ちゃんが欲しいです。産み分ける方法はありますか?

産み分けで女の子の出産には食事にも気を配る

産み分けにチャレンジしながら妊活を行っているという方は決して少なくありませんし、実際のところ多かれ少なかれ誰もが男の子が欲しい、女の子が欲しいという小さな願いや希望というのは持っているものです。

実際に妊娠が分かるとまずはじめに誰もが気になるのは、お腹の中の赤ちゃんが男の子なのか女の子なのかということですよね。現在だと以前のように出産してから初めて性別が分かるというのではなく、出産前に性別を確認してどちらなのかを把握しているという方も多いものです。

願わくば男の子が欲しい、女の子が欲しいという願いを現実にしようとするのが産み分けですが、男の子の場合と女の子の場合ではポイントとなる部分に違いがありますから、それぞれのポイントをしっかりと知った上でチャレンジすることが大切です。

産み分けにチャレンジする上で1番重要なポイントになるのは排卵日を知る、予測するということです。妊活を行っているという方であれば基礎体温はもちろんつけていると思いますし、排卵日の予測は毎月しっかりとされているかと思います。

その上で、産み分けにチャレンジする際には、男の子が欲しい方は排卵日当日、女の子が欲しい方は排卵日の2日前に性交渉を持つと、産み分けに成功する確率が高くなると言われてますから、排卵日を予測するというのは共通して重要なポイントであると言えます。

産み分けにチャレンジする上で同じくらい重要なポイントとなるのが子宮内環境です。子宮内のアルカリ性度合が強ければ男の子を妊娠しやすくなりますし、子宮内の酸性度が強ければ女の子を妊娠しやすくなると言われてます。

これは性別を決定する染色体を持つ精子の特徴が関係しているからなんですが、食事で子宮内環境のコントロールが可能であるとも言われてます。ただし、実際のところどこまで食事で影響が出るかははっきりとは分かってません。

食事に気を配ることで産み分けにチャレンジしようとすると、偏った食生活を続けることにもなりますから、食事だけで産み分けにチャレンジするというのは正直なところ、かなり難しいものでもありますし、健康を害する恐れがありますから、あまりオススメはしません。

特に女の子が欲しい場合は、男性は野菜中心の生活が望ましく、女性は肉や魚中心の生活が望ましいと言われてますが、これを何か月にも渡って続けると妊娠そのものが難しくなってしまう可能性が否定できません。

産み分けにチャレンジして、望んだ性別の赤ちゃんを出産するというのもいいですが、食事での産み分けというのは不健康になる可能性がありますから、食事は多少気を付けるくらいにとどめておくのが良さそうです。

コンテンツ
HOMEへ戻る