女の子の産み分けポイント

女の子の赤ちゃんが欲しいです。産み分ける方法はありますか?

女の子の産み分けに必要ないくつかのポイント

不妊症と診断される方が年々増えてきてはいますから、赤ちゃんを授かることがどれだけ難しいことで、赤ちゃんを授かることがどれだけ嬉しいことかということを身を持って経験されている、実感されているという方は少なくないかと思います。

しかし、そうはいっても願わくば男の子がいいとか女の子がいいという正直な思いというのは誰にでもあるのではないかと思います。そして、その願いを成就させるべく夫婦で話し合い、産み分けにチャレンジしているという方も多いかと思います。

男女の産み分けというのはなかなか難しく、特に女の子が欲しいとなると、その難易度は男の子を産み分けるよりも難しいと言われていますし、実際、産み分けにチャレンジして失敗してしまったという方も少なくないようです。

女の子を産み分けるにはポイントがあり、そのポイントをしっかりと頭に入れ、しっかりと計算した上でタイミングを見定めてチャレンジする必要があります。そのポイントというのが性交渉を持つタイミングです。

女の子の産み分けにチャレンジする上で重要なのは、排卵日2日前に性交渉を持つということです。これは男の子の染色体であるY染色体を極力減らし、女の子になるX染色体が卵子と出会う可能性を高めてあげるということとも言いかえることができます。

射精された後の精子の寿命は一般的に3~5日間と言われており、Y染色体よりもX染色体の方がタフであると言われてます。卵子と無事に結ばれる精子は基本的にはたった1つと言われてますので、そのたった1つの精子をX染色体になるようにすると女の子の産み分けに成功できることになります。

排卵日2日前に性交渉を持つことで、排卵までの期間にY染色体を持つ精子は自然と減らされ、タフなX染色体を持つ精子が自然と残ってくる形になります。そうすることで女の子を妊娠する可能性というのは高まると言われてます。

そこで重要になってくるのが排卵日を予測するということです。妊娠を望んでいる女性であれば、基礎体温をしっかりとつけ、それプラス排卵検査薬などを使って排卵日を見極めるための行動は普段から行っているかと思います。

それでも排卵日を特定するということは難しく、なかなかはっきりと特定するということはできないものです。そのただでさえ難しい排卵日の予測の上に、さらにその2日前を狙うとなると、その難易度というのはぐっと高くなってしまいます。下手をすると妊娠する可能性自体を下げてしまうことにもなりかねません。

もしも妊娠は今すぐでなくてもいいけれど、女の子の産み分けは行いたいという場合であれば、少し気長に構えて、排卵日の2日以上前から性交渉を持ち、妊娠する確率は下がってしまうけれど、のんびりと産み分けにチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

コンテンツ
HOMEへ戻る