女の子産み分けの成功確率

女の子の赤ちゃんが欲しいです。産み分ける方法はありますか?

女の子の産み分け成功確率を上げる準備と計画

産み分けにチャレンジしているという方は少なくないですし、チャレンジしているとまでは言えないものの、できればどっちが欲しいという希望があるという方も少なくありません。その中でも女の子を授かろうと思ったら、前もってしっかりとした下準備と計画が必要になってきます。

妊娠するために重要なポイントになってくるのは排卵日を予測し、それを把握するということですが、男の子が欲しい場合には排卵日当日の性交渉、女の子が欲しい場合には排卵日2日前の性交渉で、産み分けに成功する確率が高まると言われてます。

特に排卵日2日前の性交渉によって成功する確率が高まると言われている女の子の場合、排卵日をしっかりと予測できていないと失敗する確率が高ってしまうものですので、前もってしっかりと排卵日を予測することが重要であると言えます。

さらに、女の子が欲しい場合には排卵日の予測はもちろんですが、子宮内が強い酸性の状態を保っての性交渉も重要なポイントになってきますから、この点についてもしっかりと覚えておきたいものです。

女の子の性別を決定する染色体を持つ精子は、数は少ないけれど酸性に強いという特徴があり、男の子の性別を決定する染色体を持つ精子は、数は多いけれど酸性に弱いという特徴があります。女の子を授かるためには、酸性に強い精子が無事に卵子と受精する必要があるのですが、この精子には運動速度が遅いという残念な特徴もあります。

ですから、子宮内を強い酸性の状態に保ち、女の子の染色体を持つ精子が卵子と受精できるようにする必要があるのです。子宮内を強い酸性の状態で保つためには、女性があまり感じない状態で射精する、女性がオルガズムに達する前に射精する、ピンクゼリーを使って子宮内を酸性の状態に傾けて性交渉をするということが大切になります。

こういったいくつかの点を頭に入れ、それを前提に受胎のための性交渉を持つことが必要になるのですが、これがなかなか自力ではうまくいかないものですし、実際、専門医の指導の下に行われた産み分けであっても、成功する確率は男の子で80~90%程度と言われてますし、女の子では70~80%程度と言われてますから、専門医の力を持ってしても100%の確率で成功させることは出来ません。

自力で産み分けにチャレンジされた方の成功率というのは、調べる術もなく、データとしても何もありませんから、どの程度成功しているかは全く持って不明な状態です。

ですから、もしも産み分けにチャレンジしようとされている方は、少しでも成功する確率を高めたいのであれば、なるべくであれば専門医の力を借りるのが良いと言えそうです。特に女の子を望む場合であれば、自力でのチャレンジは避けた方がいいかもしれません。

コンテンツ
HOMEへ戻る