女の子産み分けの射精タイミング

女の子の赤ちゃんが欲しいです。産み分ける方法はありますか?

女の子を希望するなら射精のタイミングも重要

生まれてくる赤ちゃんは男の子がいい、女の子がいいと、妊娠を望む方ならば誰にでも多かれ少なかれ赤ちゃんの性別の希望というのはあるかと思います。何も計画せずに妊娠すると男の子と女の子の確率というのは半々だと言われてますが、それを意識的にどちらか一方の性別に傾けて赤ちゃんを授かるのを産み分けと言います。

この産み分け、実際に多くの方々がチャレンジされていますが、特に女の子の方が産み分けがうまくいかないことが多いものです。ですから、女の子が欲しいという方は特にしっかりとした計画を立てて産み分けにチャレンジするのが良さそうです。

授かる赤ちゃんの性別を決定するのは精子の頭部に含まれる23個の染色体のうち最後の23個めの染色体です。受精に成功した精子の染色体がXXであれば女の子、XYであれば男の子が生まれてきます。

女の子を授かりたい場合はXX染色体を持つ精子が卵子と出逢えるように意図的に仕組んであげることが必要です。しかし、これがなかなかうまくいかないものですから、妊活を始める前に必要な知識を知り、しっかりとした計画の元にチャレンジするようにしましょう。

女の子の産み分けにチャレンジするにあたり、まずしっかりと把握しておきたいのが自分の生理周期と排卵日です。積極的に妊娠を望む女性なら誰もが基礎体温を毎日測って排卵日のチェックは怠っていないかと思いますが、女の子の産み分けをするための第一段階が排卵日を予測するということです。

女の子が欲しい方は排卵日の2日前に性交渉を持つのがいいと言われてますが、これはXX染色体を持つ精子は酸性には強いけれど運動速度が遅いからです。排卵日の2日前に性交渉を行うことで排卵までにXY染色体を持つ精子の数を減らすことができますから、女の子の産み分けに成功する確率が高まります。

また、射精のタイミングや射精に至るまでのプロセスというのも重要なポイントになります。子宮内は通常強い酸性の状態に保たれていますが、女性がオルガズムを感じると子宮頸管からアルカリ性の粘液が分泌されてしまい、子宮内がアルカリ性の状態に傾いてしまいます。ですから、オルガズムを感じないようにあっさりとした性交渉を持ち、なるべくさっさと射精してもらうようにすることも大切と言えます。

さくさくっと射精してもらったらその後は、なるべく足を閉じ、精子が子宮内に長くとどまるようにすることも大切です。ですから、性交渉の後にすぐシャワーを浴びたり、精子を拭き取ったりしないようにしましょう。

排卵日を予測し、その排卵日の2日前に、さくっと射精するようなあっさりとした性交渉を持つということに注意するだけで、女の子の産み分けに成功する確率というのはぐっと高まります。

ただし、そうはいっても確率は100%ではありませんし、女の子の産み分けにチャレンジしている方は妊娠のタイミングを逃してしまうことも多々ありますから、その辺もしっかりと頭の中に入れて産み分けにチャレンジするようにしていきましょう。

コンテンツ
HOMEへ戻る